たっきーの冒険~うみとそらのすきま2|秘密の森を開くことばは…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

秘密の森を開くことばは…

IMGP0388.jpg

母鹿を探して少年と仔鹿が歩いていますと、西の山の花畑でライオンがぼんやりとしゃがみ込んでいました。
「どうかしたのですか?王さま、こんなところにで。」仔鹿が聞きました。

「私はすっかり年を取ってしまった、もう、王としての努めを果たすこともできない。
大切なものが隠してある秘密の森への扉を開く言葉も忘れてしまった。
どうしても思い出せないんだ。もう、私は役立たずだ。」ライオンは元気なくため息をつきました。

IMGP0390.jpg

「ねえ、王さま、昔この森にドラゴンがやって来て恐ろしい炎を吐いて森も動物たちも滅ぼしてしまおうとしたことがあったんでしょう?その時王さまはどうしたのですか?」少年が聞きました。
ライオンは少し、目を開いて話しだしました。
「ああ、あの時はドラゴンの先回りをして西の山から大きな岩を落としてやった、このたてがみにたっぷり水を含ませていたのでドラゴンの炎もへっちゃらだった。岩にあたったドラゴンをこの牙でがぶりとやって、さっさと追い返してやったさ。」

少年と仔鹿はつぎつぎと嘗て、ライオンが森や動物を守った時の話を訪ねました。
ライオンは少しづつ元気になり、目をきらきらさせて昔の話をしました。

「そう、あれはダークウッドの魔女が息子をさらおうとした時だ…
まてよ、そうだ思い出した、秘密の森の扉を開くには息子の名前を3度言うんだった!
ルードヴィッヒ、ルードヴィッヒ、ルードヴィッヒ!」

花畑の真ん中に大きな扉が現れ、左右に開きました。
「ありがとう、お前たちのおかげで秘密の森にまた行くことができる。」
秘密の森にはライオンの「勇気」と「尊厳」が隠されていました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 羊毛フェルトへにほんブログ村 トラコミュ 羊毛フェルト・羊毛で手作りへ



よかったら、ポちっと押してくださるとうれしいです
関連記事
スポンサーサイト

Tag:作れるモンは作ってみる  Trackback:0 comment:2 

Comment

atsu. URL|おもしろい~♪
#79D/WHSg Edit  2010.11.09 Tue16:34
キャラクタが生まれるとお話も生まれる。すごい~!
この王さま、たてがみが白髪になってるの?

哀愁のある瞳が素敵です~。
Jingtang URL|Re:おもしろい~♪(11/09)
#79D/WHSg Edit  2010.11.09 Tue19:18
atsu.さん
たてがみは白髪なんだよ、もうおじいちゃんだ、だめだあって情けなくなってる感じが出てたらいいなあ。元気になったライオンも作ってみたいかも。
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
ぽちっていただけるとうれしいです


ランキング参加ちう
ぽちっとお願い!! にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
元WEB、DTPデザイナー。現在は無職ひきこもりちう。
家族:相方
趣味:TOTOを外すこと

メールフォーム
お問い合わせはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。