たっきーの冒険~うみとそらのすきま2|ここにたどりつくまで その1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

ここにたどりつくまで その1


今日は私がこの美浜町にたどりつくまでのことを書いてみます。

私の相方は和歌山ネイティヴ、生まれは田辺市です。
それで、結婚後必然的に和歌山をよく訪れるようになったのですが、大阪で生まれ育った私にとって和歌山は衝撃の連続でした。

衝撃その1

大阪から車で和歌山に来ると県境に長いトンネルがあるのですが、そこを出ると空の色が
まったく違います。空だけでなく緑も濃くて、おひさまはまぶしくて目がよくなったように感じました。
かっこよく言うとゴーギャンがタヒチで見た色みたいな衝撃でした。
その印象は今も変わりません。

今日はいいお天気ですが、大阪の空はしろっぽいです。
空のふりしてるだけみたいな気がします。
もう、美浜が恋しいです。

衝撃その2

当時相方の実家は薬屋さんをしていて、家事とお店に忙しい相方のお母さんと朝ごはんの用意をしていました。

「ちょっと浜行ってひとはめひろてくらよ。」

えーおかあさんの純粋な田辺弁、わかりませんでした。ってこれが衝撃じゃなくて、
「なにかひらってくる。」なんで今からご飯なのに?
私は???をとばしながらお味噌汁を作ってました。

しばらくしておかあさんが手になにか砂にまみれたクロっぽいものをもって帰ってきました。
「洗って砂おとして湯をかけてみなさい。(ほんとは田辺弁でした)」
なんかそのへんでひらって来たなんてやだな~~と私は言われるままにそれを洗ってざるにとり、
消毒の意味も込めて沸騰した湯をたっぷりかけました。

するとそのクロっぽかったなにかが目が覚めるようなきれいな黄緑色になり、すっごくいい磯の香り、上等な海苔みたいなにおいがします。
わたしがびっくりしてるとおかあさんが「これがひとはめらよ。たべたことなかろ?」とそれを小鉢にとって三杯酢をかけてしょうがをそえて私にだしてくれました。

おいし~~~~~なにこれ?

それまで、食べたどんな海草よりやわらかく、いいにおいでおしかったです。こんな「食べ物」が浜に落ちているなんて、私は衝撃のあまりいっきに食べてしまいました(をいっ)。
「ひとはめ」は田辺湾で摂れるわかめの一種で、春に浜に落ちてます。

え~~ちなみに美浜の海岸には「えび、かいとるな。」と大きな岩に書いてありますが、
このえびは「伊勢海老」です。かいは「あわび」です。海に落ちてます。

もし、大阪でこんなことが書いてあったらそーゆー職業の方が夜中にトラックでごっそり持っていくと思います。

おそるべし和歌山

印南


ここが去年の秋に遊びに行った印南の海岸です。
その2に続く
関連記事
スポンサーサイト

Tag:プロローグ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ぽちっていただけるとうれしいです


ランキング参加ちう
ぽちっとお願い!! にほんブログ村 主婦日記ブログ オタク主婦へ
プロフィール

たっきー

Author:たっきー
元WEB、DTPデザイナー。現在は無職ひきこもりちう。
家族:相方
趣味:TOTOを外すこと

メールフォーム
お問い合わせはこちらからお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。